×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



sickroom

 彼女は
 とてもきれいに笑う少女だった
 まるで花のように

 彼女は外に出られなくとも
 まるで
 太陽の光をいっぱいに受ける
 小さな可愛らしい
 花のようだった

 僕は彼女の担当ではなかったけど
 僕がその部屋に入ると
 可愛らしい笑顔を向けてくれた
 自分の運命を呪うこともできたのに
 彼女は弱音を吐かなかった
 そんな彼女に
 何度勇気をもらったか

 よく彼女は
 窓の外を眺めていた
 ある時言ったんだ
 死んだら
 あの花のようになりたいと
 そんなこと考えてほしくなかった
 どんなに重い病気でも
 死なんて考えてほしくなかった


 長いこと
 他の患者さんに付きっきりで
 疲労困憊した僕
 久しぶりに
 彼女の笑顔に癒されようと思った

 入り口に名札はなく
 白さが妙に虚しい
 彼女の部屋

 退院したなんて聞いてない
 退院できた
 はずがない

 誰かに聞く訳でもなく
 帰り道
 輝かしく咲き誇る
 小さくて可愛らしい花を
 見つけたんだ
 まるで少女のような花を


                        2008.2.15. 制作


 お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、これは2007年の作品の中にある『SICKROOM』の番外編みたいなものです。
 ここでは、少女となっていますが、そこまで小さな少女ではないですよ。
 そうすると、マセガキになってしまうので(苦笑



                                                                      photograph by NOION